活動報告

2010.07.20

久々の労働委員会

弁護士 増田正幸

かつて民法協では不適任は公益委員や労働委員の選任を問題としてとりあげ、37期から41期の労働者委員の選任については連合独占を打破すべく労働者委員選任取消訴訟を行いました。

民法協会員組合が労働委員会で不当労働行為を争うという機会がなかったこともあって、この間は労働委員会の機能不全を問題にするばかりで、ずいぶん長い間、労働委員会から足が遠のいていました。

2009年11月に建交労のカンリク分会の不当労働行為救済申立てをして久々に労働委員会を利用しましたが、労働委員会は少し雰囲気が変わっていました。事件の内容は同分会員でもある秋武さんの原稿に譲ります。

 

2

この間、2004年(平成16年)に労働組合法が改正され2005年(平成17年)1月から施行されています。この改正は、労働委員会の不当労働行為の審査が長期化が著しいことと命令に対して裁判で取り消される率が高いことが問題視された結果でした。

 

主な改正の内容は次のとおりです。

 

(1)計画的な審査
1、労働委員会は、審問開始前に、争点・証拠や審問回数等を記載した審査の計画を作成するものとすること。
2、労働委員会は、審査の期間の目標を定めるとともに、目標の達成状況その他審査の実施状況を公表するものとすること。

 

(2)迅速・的確な事実認定
1、公益委員が合議により証人の出頭、物件の提出等を命ずることができるものとすること。 2、提出を命ぜられても提出されなかった物件については、命令の取消訴訟における証拠提出を制限するものとすること。

 

(3)和解の促進
1、労働委員会は、当事者に和解を勧めることができるものとすること。
2、労働委員会が作成した和解調書は、強制執行に関して債務名義とみなす等、和解の法的効果について規定するものとすること。

 

3

救済命令の申立てをすると、調査期日が入りますが、本件では以下のように手続が進行しました。審査計画を立てて、早期に期日の予定を入れますし、期日が入りにくければ午前9時に開始するなどして、手続が長期化しないことにずいぶん神経を使っていました。また、和解勧告ができるようになったために、すいぶん積極的に和解を勧めるようになっています。

 
平成22年 1月18日 調査
  2月17日 調査
  3月8日 和解・審査計画
  4月5日 和解
  5月6日 和解
  6月17日 審問
  7月26日 和解・結審(予定)

について、手続きを迅速に進めたり、和解勧告を積極的に行うことが、時として事案の真相解明をおろそかにする危険を伴うことは裁判所でも経験することなので、事実関係に争いがあったり、背景事実について丹念に立証をしないといけない事案などの場合にそのような運用がなされていっるかについては要注意だと思いますが、団交拒否など事実が簡明で早期の決着を目指す紛争については、もっと労働委員会を利用すればよいように思いました。

 

4

参考までに平成17年以降の兵庫県労働委員会の救済申立て事件についてまとめてみました。

 

(1)新規申立て事件は次のとおりですが、半数以上が団交拒否事件です。

17 18 19 20 21
件数 7 4 10 7 16

 

(2)終結事件継続日数の平均は以下のとおりです。

17 18 19 20 21
命令決定 677 367 362 392 315
和解・取下 558 96 88 188 156
総平均 632 258 205 301 196

改正労働法が施行された後、平成18年以降は事件が終了するまでの日数が年々短くなっています。そういう意味での改正法は手続の迅速化には効果を上げていると思います。

 

(3)平成21年度の継続・新規救済申立て事件の当事者は以下のとおりです。

民法協会員、連合加盟労組(主として自治労)、ユニオンがそれぞれ利用しています。代理人弁護士がつていない事件が多数であり、新規申立て事件数もだんだん増えているようです。

申立人組合 被申立人
全労連全国一般 藤原産業
兵庫労連神戸地域労組 アテック
建交労 テーエス運輸
建交労 カンリク神戸
全港湾神戸支部 フットワーク
全港湾神戸支部2 伊藤運輸
JP労組内個人 郵政事業会社
自治労加古川現業評議会 加古川市教委
自治労尼崎水道労組 尼崎市
自治労全国一般 丸山印刷
武庫川ユニオン 郵政事業会社
武庫川ユニオン ダストマンサービス
武庫川ユニオン セグメント
ひょうごユニオン 住友ゴム
アルバイト・派遣・パート関西 リック
アルバイト・派遣・パート関西 ちふれ化粧品
阪神タクシーセカンドユニオン 阪神タクシー
神戸相互タクシー労組 神戸相互タクシー

 

 

(民法協・兵庫県民主法律協会ニュース 2010・7・20)

Copyright © Kobe Ajisai Law Office.